浜町だより

「浜町』は江戸、東京を通じて下町を代表する町名のひとつ、人形町、蛎殻町、久松町などに囲まれた一角を形成しており、現在の正式名称は『日本橋浜町』と申します。観光客の来訪も多く、常に町並みはにぎわいを見せております。

昭和20年3月10日の東京大空襲では壊滅的な被害を受け、銀座、新橋の辺りまで見渡せるほどだったと聞き及びますが、その後の復興により現在の町並みを取り戻しております。

町の中心ともいえる『明治座』は、1993年に地域再開発により『浜町センタービル』として新たな姿となり、弊社はそのビルの一角に居を構えている、というわけでございます。

この『浜町だより』は、日本橋浜町界隈の四季折々の移り変わりやできごと、時々感じたことなどをグラフィティ形式で紹介してまいります。

よみものに、街歩きのご参考にお役立て、お楽しみいただければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げ、奉りまする~。